美容と健康に気を遣っている割に…

知り合いでこんな人がいます。
美容と健康に非常に気を遣っているにも関わらず、
極度の心配性な人…。

心配性というのは、例えば寝る前に化粧水を付け忘れたとか、宿泊先で化粧水が無くて発狂している人とか、肉ばかり食べすぎたとか言って騒いでいる人とか…etc

…これってどうなんでしょう。。

美容や健康は確かに人が生きていく上で重要なことだとは思いますが、それを気にする余りストレスを蓄積してしまっては何も意味がないんじゃないかと思ってしまいます。

ストレスは万病のもとですし、美容にも良くないことでしょう。
悩み過ぎて円形脱毛症なんかになるのもその一つではないでしょうか。

つまり、気を遣うことは大事ですが、
気を遣い過ぎるのは逆に不健康なんじゃないかということです。

でも、それは性格的な部分なのでなかなか直すのは難しいと思いますが、
そういう人は実は本当に不幸なんじゃないかとさえ思ってしまいます。

実際、美容や健康など全く気にせず、タバコも吸い夜更かしもバンバンしているような人でも活き活きとしている人は多くいますし、逆に健康志向の人で顔がやつれているいる人もいます。

勿論、気にしたにこしたことはないと思いますが、気にし過ぎるというのは体に良くないことのような気もします。スポーツでも、適度だから良いのであって、やりすぎると良くないと思います。単純に体への負担になってしまいますからね。

美容と健康って本当に大事なことですけど、
私の個人的な意見としては適度が良いと思いますね。

美容や健康に限らず、恋も趣味も何でも適度が毎日を健やかに生きる秘訣なのかもしれませんね!

悩みがなく、ストレスの無い人生を送れたら最高ですね!
そんな人生を生きてみたいものです。