引っ越しの段取りと手続き

 好むと好まざるにかかわらず、転勤や転職、結婚、その他さまざまな理由で引っ越すことも私たちの生活ではよくあることです。
 引っ越しは、こまごまとしたことも含めて、いざとなると非常にするべきことが多く、戸惑うこともあるでしょう。
新住所に移るのであれば、まず転出届と転入届を提出しなくてはいけません。また、1年間は旧住所に届いた郵便物を新住所に転送してもらえるようにするためには、転居届を提出しておかなくてはなりません。
 さらに、ガス、水道、電気などの公共機関や金融関係にも住所の変更を通知しておくことも忘れてはいけません。そのままにしておくと、やがて二重払いなどの混乱が生じることもありトラブルのもととなります。そんなことを避けるためにも、手早く手配するようにしましょう。
 また、結婚などで姓が変わる場合で、引き落とし口座などを継続して利用する場合も事前に連絡しておく方がいいでしょう。もっとも、書類処理などは一カ月以上かかりますから、実際のケースとしては、そのまま継続利用していき、新しい名義になってから自動切り替えというケースが一般的となっています。
 その他、登録している公的な要素の強いものの住所変更をしておくことです。また、転居通知の準備も怠ってはいけません。転居通知は、引っ越して1週間程度で、それぞれに届くように準備しておきましょう。おすすめのジェルネイルキット